Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

久しぶりの書き込み

 このところブログを更新できずに、ごめんなさい。兎にも角にも忙しく、落ち着いてものごとを考えたり、まとめたり、あるいは書いたりする時間がない。週末も全て仕事が入り、落ち着いて研究活動する時間が取れない状態が続いている。特に今週は東京出張も入り、体力的にも厳しいありさまだ。学内にいても、処理するべき案件が同時に複数重なり、自分でも笑ってしまう。なんだかCMに出てくる忙しいビジネスマンを自分と重ねてしまう。

 でも、その中でもなんとか、頭を使わないで読む本なら、目に入る。新幹線の中であっという間に読んでしまったのは、外山滋比古先生の「50代からの知的生活術」という本だった。まあ、内容は先生のプライベートな生活習慣に関するもので、今の自分にはまだ合う感じではないけれど、散歩の効用やお義理の付き合いの断ち方などは大いに勉強になった。もう一冊、これもあっという間に読みきったのが、「こんなに変わった歴史教科書」という文庫本で、我々が小中学校で習った歴史が随分変わっていたり、武田信玄とか、源頼朝とか、足利尊氏だとおもっていた人物画が別人だったなど、なかなか面白い。歴史学の発展とか、当たり前を疑うという研究の本質をもう一度認識させられる一冊となった。

 今週末も仕事で、来週も忙しい時間が続くが、なんとかブログの更新もやってみようと思う。