Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

どくだみの香り

 そろそろ草むしりのシーズン到来。私も先週から週末のちょっとだけ時間がある時に気分転換を兼ねて草むしりを始めた。いつものことだが、ドクダミの繁殖力というか、地下茎の恐ろしさというか、力強さを痛感する。とってもとっても、茎の根元までは取りきれず、あっという間にまた生えてくる。ちょうどドクダミの白い花が美しく咲き始める頃なので、それをむしり取ってしまうのはいささか気がひけるのだが、取りやすい時にとっておかないと、さらに繁殖してしまう。

 私は鎌や手で草をとるので、草むしりがおわっても手にはドクダミの香りがそのまま残る。いくらビオレで洗っても匂いは落ちきらない。ちょっと前まではこの匂いがダメだったのだが、最近はこのドクダミの香りが、匂いではなく、香りと感じるようになってきた(苦笑)。慣れというのは恐ろしいものだ(笑)。