Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

インドネシアで食べたもの

 インドネシアでは水に気をつけろということを聞いて、滞在中は水道水すら口にしなかった。歯磨きもミネラルウォーターを使った。そこで、水を使う生野菜、氷も口にせず、用心のため、果物も口にしなかった。南国に行って果物を口にしないのはかなり後ろ髪を引かれたのだが、用心のためと思い我慢。ちなみに、帰国後、その話をしたら、ある先生から、「果物はそれを切る包丁があぶないんだよね」とのことで、果物も口にしなかったのは正解だったようだ。ネットで見てみると「バリ腹」なる言葉があるらしい。なんでもバリ島に観光に行って、果物などを楽しんで、その後にお腹をこわすことらしいが、それもこういうことなのだろう。

 とはいえ、火の通してあるものなら大丈夫だろうと、ホテルの朝食、学会での昼食、ホテルでの夕食とそれなりに楽しんだ。いくつか写真を上げておこう。

 これは初日の夜にホテルで食べたナシゴレン。串焼きの肉が硬すぎて噛み切れなかった(笑)。

f:id:msasaki0418:20160718191112j:plain

 

ホテルの朝食。ナシゴレン風のお米に魚の煮込みと青菜の煮込み。

f:id:msasaki0418:20160719065837j:plain

 

学会での昼食。おせんべいのようなものは魚のすり身を天日干しにして、それを揚げたもの。すごく味わいがあって美味しいのだけれど、ちょっと独特の匂いがする。小魚の紐のようなものも日本人の口にあう。

f:id:msasaki0418:20160720123643j:plain

 

これもホテルでの朝食。卵は目の前で焼いてくれるので、毎回両面焼きを注文。野菜炒め風のもので、卵の下はご飯。

f:id:msasaki0418:20160721073013j:plain

 

インドネシアで美味しいスイーツは左のパン。中はチョコレートとバナナ。これは毎朝食べてしまい、ついには帰国時にバンドンの空港で箱詰めを見つけて、家族にお土産で買ってきたくらい。やはりバナナとチョコレートの組み合わせは最強だ。

f:id:msasaki0418:20160723062509j:plain