Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

シンガポールの絶品

 先日のインドネシア出張ではシンガポールでの乗り継ぎ時間が長時間あり、シンガポールでも時間を過ごした。シンガポールの食は美味しくて、中華料理、マレー料理、インド料理とさまざまあるけれど、今回紹介したいのは肉骨茶とかいて、パクテーと読むもの。文字からするとどんなものかと思うだろうが、簡単に言うと豚のリブを長時間煮込んで、柔らかくしたものを塩コショウベースのあっさりスープに入れたもの。これが絶品。ほろっと、骨から外れて、じわーっと肉の旨みが口の中に広がり、肉だ!っという適度な反発を歯で感じつつも、柔らかく数回噛んだだけで、肉の繊維が解けて、とろけていく。そこに出汁が効いた塩胡椒ペースのスープを一口。これはもうシンプルな旨味の集大成という感じ。ちょっと味の変化に醤油をつけてみるのもいい。現地の人はこれに揚げパンやご飯を組み合わせるらしい。日本人の味覚にもぴったりあったものなので、いずれシンガポールにいらっしゃることがあれば、ぜひお試しいただきたい。

 

f:id:msasaki0418:20160723182259j:plain