Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

文庫本の処理

 久しぶりに自宅の本棚の整理でもしようかと思い、学生時代に購入した文庫本を手にした。もう30年以上も前に購入したものだから色は褪せているのだが、汚くはないし、また読もうかと思ったのだ。

 ところが本を開いて愕然とした。あまりにも字が小さい。今や老眼のこの目にはあまりにも小さすぎる。よくもまあ、こんなに小さな文字を若い頃は追いかけていたものだと思う。今時の文庫本だって、こんなにも文字は小さくしないはず。残念ながら、数ページ読んだだけで、諦めた。もうこの目には大きめの文字か、文字を可変にできるKindleでなければダメなようだ。

 読めないとわかって保存する本は気の毒だと思う。こんまりの片付けの本を読むと、物というのは役立ちたいと思うものらしく、そうでないなら、旅立たせなければならないのだという。Bookoffに一冊一円でもいいので、引き取ってもらうべきか。古紙回収で紙として再生の道を歩ませるか。しばし考え込むことになりそうだ。