Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

手書きの想い

 先日久しぶりに手書きで礼状を書いた。便箋を取り出し、万年筆を持ってと、手書きをすること自体が一つの儀式となる。文面を書いていくうちに、インクで紙が汚れたり、ちょっとした書き間違いをして、もう一度最初からやり直し。そして、また書き間違いで、やりなおしと、何度か繰り返して、ようやく完成させた。手書きは文字の汚さが出てしまい、恥ずかしい。だが、ゆっくりと丁寧に書けば、よかろうと開き直る。格闘すること30分。なんとか投函まで行き着いた。

 手書きのハガキでも封書でも今の世の中はメールやLINEで済ませたり、封書にするにしてもパソコンで作り、印刷するだけ。手書きをする機会はほとんどない。だから、たまに自分が手書きのものをもらうと嬉しい。なんだか宝物をもらったような気になる。手書きというのは、きっと書いた人が時間とエネルギーを割いてくれたことの有難さがわかるからかもしれない。文面はシンプルでも手間と時間のかかった創作物だと思えば、貴重なのだ。また今度、礼状を書く機会があったら、やはり手書きにしてみようかなどと思うのである。