Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

夏の終わり

 毎朝庭の草むしりをしている。どれだけ広い庭なんだっていうことじゃなくて(笑)、ちょっとづつしかしていないので、綺麗にしたところもまた生えてきて、終わらないループなのだ(笑)。

 その草むしりも季節の変わりを感じる。だんだんとプーンという蚊の音が減ってきているからだ。もちろん、まだあの音と刺された痒みには悩まされているけれど、夏の盛りの時ほどの数はいないようだ。変わりに草の陰にバッタやスズムシを見つける。夏には蝉の抜け殻もたくさんあったけれど、それも無くなってしまった。

 季節の変わり目は朝夕の涼しさや日の入りの早さでも感じるけれど、地面の上でもちゃんと感じられるもののようだ。

Remove all ads