OneNote

 前にもここでマイクロソフトOneNoteのことを書いたかもしれない。何度か使ってみたものの、挫折して、他のアプリを使っていた。iPad Proの手書きはとても快適で、いつも業務日誌を手書きで書いている。いざとなるとタイプをするよりは手書きの方が自然にできる。文字は汚いが、思ったままをすぐに欠けるのはやはり魅力だ。

 今の不満はその手書きデータがiPad Proにしか表示できないことだ。時には、それをiPhoneで確認したり、あるいはパソコンでも見てみたくなる。そうなるとiOS, MacOSの異なったプラットフォームを越えて使えるOneNoteしか選択肢がない。Evernoteも使っているが、まとまった表示をさせたいと思うと、面倒だ。

 iPadで入力したOneNoteのデータをMacで表示させると大きくて見やすいし、そこに書き込んだデータを見ながら、書物もできる。これは便利だ。ちょっとOneNoteを勉強して、ノートブック、セクション、ページの概念もわかりかけてきた。

 そうなると今度の課題はエクスポートだ。作ったデータをPDFで保存しておきたい。ところが、Mac版もiOS版もページではPDFにエクスポートできるのだが、まとまったセクションやノートブックではPDF出力ができないらしい。そうなるとWindows版に頼らなくてはならなくなる。そこでVirtual PCにインストールしてあるWindows7にOfficeをインストールした。こういう時には大学で包括的にライセンス契約していることが嬉しい。堂々と複数台のデバイスにインストールできるからだ。

 さて、まだWindows版のOneNoteはこれから使ってみる。どういう使い心地だったかは、明日にでも報告しよう。

Remove all ads