Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

iPhone7の使用感

 昨日届いたiPhone7をいろいろと設定した。ホームボタンが物理的なボタンから電子的なものになったことで賛否両論あるらしいが、私は断然賛成派。ボタンの隙間から埃が入る心配をしなくてもいいし、そもそもiPhoneのトラブルの原因で多かったのはここだと思うからだ。タッチの感覚はなかなかここちいいと思う。

 次にステレオだけれど、これも思っていたよりもいい。研究室ではiPhoneから音楽を流しながら仕事をすることもあるのだが、iPad Proのステレオ感が気に入って、割とiPadで音楽を流すようになっていた。しかし、iPhone7の音なら机で聴くには十分だ。音にうるさくいえばきりがないが、BGMなら合格と言っておこう。

 アプリや音楽のダウンロードもたくさんしたが、驚いたのはその速さ。あっという間にダンロードして、インストールが完了する。さすがに最速のiOSバイスだ。これもよし。ただし、ダウンロードを集中的に行うと熱を持つ。特に上部の熱は驚いた。毎回iPhoneの最新版が出ると熱の話になるようだけれど、これは設定時にネットを多用するからかもしれない。だが、上部と下部で熱がこうも違うというのはどうなんだろう。

 その他は特に目立った地違いはない。まだ水に濡らしたことも埃まみれのところにも持っていかないからわからないが、これは長期間の使用でわかることかも。イヤーフォンは日常でもほとんど使わないので、lightening に変わっても困らない。いずれはAir Podsも買おうと思う。

 次の楽しみはFelicaだけれど、これが使えるようになるには、まだしばらくまたなければならない。いずれ使えるようになったら、ここでも報告しようと思う。