iPhone7へのドック改造

 iPhone7は快適に使えている。やはり感圧式のホームボタンは私には相性がいい。ボタンが動くことがないということはその部分でホールドしても痛めることもないし、安定してiPhoneを保持できるからだ。ある人にとっては不満なところも別な人にとっては魅力になる。なかなか難しいが、だからこそ、いろいろな商品が出てくるのだろう。

 さて、今回唯一の問題はこれまで使っていたケースにうまくiPhone7が適応するかということだった。前の書き込みで、なんとかうまく使うことができることを書いたが、ここでもう一つ問題が出てきた。カメラの穴に合わせると、どうしてもケースの上ギリギリのとりつけになってしまう。(以下の写真)。

f:id:msasaki0418:20160918094755j:plain

そして、当然、その結果、下が余ってしまう。

f:id:msasaki0418:20160918094814j:plain

 

普通に使う分には問題はないのだけれど、困るのはドックでの充電だ。これまでBelkinの充電用ドックをつかっている。

f:id:msasaki0418:20160918094328j:plain

上の写真でもlightening 端子がギリギリ出るようにナイフで削っているのだが、それでも今のケースの状態だとケースの下端が引っかかりドックに収まらない。そこで、思い切ってドックのブラスチック部分を削り取ってしまった。

f:id:msasaki0418:20160918094350j:plain

ドック端子を保持する部分だけを残して、あとは切り取ってしまい、この溝にケースごとiPhone7が入り込んで充電できるようにしたのだ。今はケースごとうまくいっている。

f:id:msasaki0418:20160918100918j:plain

ぴったりとはまっている。

f:id:msasaki0418:20160918100912j:plain

これでiPhone7生活は何の支障もなくなった。