Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

オークション

 iPhone7の購入に伴い、iPhone6sの売却をすることになった。今までは買取をしてくれるお店に持って行って売却をしていたのだが、やはり価格については不満がある。そこで、今回、久しぶりにヤフオクに出すことにした。

 ヤフオクはいままでにもMacを売却するときに使っていたが、落札されるかどうかの心理的圧迫、その後のやりとり、無事に動作しているかどうかの気がかりと、どうしても手間をとるし、売却後にも1週間以内の返品を受け付けているので、心配になって、しばらくはやめていた。お金は少なくても気軽に売却できる店舗の方がいい。

 ところが、今回はちょっとでも高値で、という気持ちから、オークションに出品してみた。オークションのコツは最初の値付けと即決価格の値付けだと思っている。店舗での買い取り価格を調べて、それをベースとする。即決価格は他の新品を調べて、比較して、「自分だったら、この値段は出してもいいな」という価格に設定する。出品をした後は、どれくらいウォッチリストに登録してくれたかが鍵だ。

 さて、そして結果だが、今回も即決価格で落札された。時間はかかったが、実はオークションに出すたびにいつも即決価格で落札される。きっと欲張らない価格で即決価格を出しているからかもしれない。オークションで儲けようとは思わない。買取の店舗よりもちょっとだけ高く売れればいい。

 オークションのいいところは新しいユーザーと連絡がとれること。こういう人に使われるんだ、とわかると売却するにも嬉しくなる。大切に使ってもらえれば本望だ。