iPad Pro用smartkeyboardの不具合、その後。

やはりだんだんとsmartkeyboardの反応が不安定になってきた。文字入力ができずに、何度もキーを叩くと、いきなり叩いた文字が入力されたり、文字入力がフリーズする。そして、画面には、この周辺機器はサポートされていないものだと表示が頻繁に出てくる。使っている周辺機器は、このsmartkeyboardだけなので、やはりおかしい。

そこで昼前にアップルのサポートに電話をかけて相談をする。相談の前にコネクターは綺麗に清掃したけれど、症状の改善はなかった。相談をすると、iPadのハードウェア診断をせよとのことで設定から、診断を選び実行する。診断データはアップルに送られるのだが、その前に電話でiPadのシリアル番号などを伝えなければならない。電話口からはiPadには問題がないとの回答だったので、つぎにデータをすべてパソコンにバックアップをとって、工場出荷状態にせよとの言われる。たしかにこれも納得いく話だ。そこで工場出荷状態にして、smartkeyboardの動作を検証したが、改善しない。またアップルに電話をかけると、修理というので、交換はできないかと尋ねると、それでいいという。その手はずを整え始めたので、近くのアップルストアーで交換はできないかと尋ねたところ、できるとの話。それなら話が早いと思ったのだが、アップルの担当者曰く、まずはジーニアスバーにかからなければならないという。しかし、予約状況を見ると、一番早くても3日後だ。こちらとしては仕事に使うので、一刻も早い方がいい。そこで、単純な品物の交換なのだから、ジーニアスバーは関係なく、交換だけやってもらえないかと尋ねたら、一応のルールでジーニアスバーで対応するとのこと。まあ、埒があかないし、、これ以上は電話口の係りの人も言えないだろうと思って、iPadとふぐあいの不具合のあるキーボードをもってアップルストアー名古屋栄まで行った。ジーニアスバーの受付の人に事情を話し、アップルからもらっている受付番号を告げたところ、すぐに対応してくれて、交換品をもってきてくれた。一応の持参したiPadでの動作を検証して、無事交換。

いろいろとサポートの電話でお世話になった人、ジーニアスバーの受付で、すぐに対応してくれた人、そのおかげで即日交換ができた。あらためて、親切な対応に感謝したい。

ありがとうございました。