Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

グッと抑えた衝動(買い)

 キングジムポメラの発展形としてか、あるいはあらたなるジャンルとしてかわからないモバイル型のコンピュータ「ポータブック」を発表したのが1年前。キーボードが変形するギミックはサンダーバード世代のおじさんとしては心が揺さぶられたのだが、何せ9万円という値段に引き、記憶から消し去っていた。

 ところが、今、そのポータブックが2万円ちょっとの値段で売られている。この値引きが話題となって、今、あちこちのサイトでポータブックを見るようになった。昨日、あるサイトのショッピングコーナーで見てしまい、「使わないだろうけど。。」と思いつつ、ポチッとしてしまい、あとは決済だけという段になった。いつもなら、ここでクリックして、買い物終了となるのだが、今回はもう一人の自分が「本当に使うのか?こういうのを無駄遣いといういうのじゃないのかね?まことくん」と語りかけてくる。たしかに、当初の価格から考えて安くなったのは事実だけど、それにつられて買うなんて、消費社会の羊ちゃん。まんまカモではないか。2万円は考えてみれば大金だ。

 思案すること、10分、今回はなんどか衝動買いを抑えることに成功。もしかすると、物欲も年齢とともに衰えるのだろうか?