小学英語の始まり

 小学校で英語を正式な教科として教えることが2018年度から始まるらしい。小学校英語については賛否両論あるけれど、私は反対派の立場だ。そもそも小学校から英語を始めれば、英語ができるようになるというのが幻想であり、中学校で始めようが小学校で始めようが、同じことだと思う。現に中学校で英語を学び始めた私だが、とりあえず英語で飯を食うまでにはなれた。

 そもそも日本人は英語をどのようにしたいのだろうか?買い物の会話ができればそれでいいのだろうか?あるいは日本語と同じように駆使できるまでにしたいのだろうか?よく、ネイティブみたいな発音になりたい、とかネイティブのように英語を使いたい、という考えを耳にするが、それは不可能だ。人間にとってネイティブになる言語は一つしかない。バイリンガルな子は両方できるというのも幻想で、かならず優位な言語、そして、何よりも使い分けに差異がなければ、習得できない。

 日本社会で英語を使う必要性が少ない中で英語を英語圏の子供達並みにさせようというのが無理な話。インターナショナルスクールで英語で全ての教育を受けさせたいともう人も多いが、英語で学ぶことの怖さは英語のイデオロギーがそのまま刷り込まれていくことだし、また、日本語への劣等感やひいては日本人としてのアイデンティティーにも影響を及ぼす。

 小学校から、英語を教えることでむしろ英語嫌いの子供をもっと増やすことになるとは誰も思わないのだろうか?自由選択なら学ばない自由もあり、学ぶ自由もあるが、必修科目となると算数と同じようにアレルギーを抱く子供が生まれるはずだし、親は教えられず、塾で学ばなければならないことになる。親の経済格差がさらなる学力差を生む出す懸念だってある。

 一番念頭に入れなければならないのは、外国語は一時期、集中的に一心不乱に学ばなければ身につかないことだ。私は大学の時にそれをやった。外国人として英語を身につけるなら、それが近道なのだが、それにはかなりの努力と粘りが求められる。今、外国語をそれなりに駆使できる人は、どこかでそれをやってきて、血のにじむ努力をした人たちだ。簡単に何もせずに身につくほど甘いものではない。だが、多くの日本人はその努力をしているのだろうか?日本人の英語下手は、むしろその努力がないことが原因であり、反対にそんな努力をしなくたって生きられて、日本語だけで人生が過ごせる。母語だけでノーベル賞までとれるほどの高等教育が受けられる言語が世界にどれほどあるか、もう一度見直してもらいたい。英語が本当に必要な人は独学でだって、ちゃんと身につけている。飛騨高山の小さな中華料理屋さんのおかみさんのように。