Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

カラスを食う

 本を読んでいたら、how would you like to eat humble crow?と出てきた。旦那が家に帰ってくるなり、奥さんに説教を始めるシーンで、このセリフが出てくる。意味はそのままなら「謙虚なカラスを食べられないのか?」となるが、まさかカラスを食べるわけでもあるまい。なんのこっちゃと辞書を調べてみると、eat crowで謝るという意味らしい。。ということは「なんで、お前は謙虚に謝れないんだ?」となり、辻褄があう。どうしてこんな表現があるのかはわからないけれど、日本語でも「人を食う」という、もっとすごい表現があるのだから、大したことはないか?(笑)

 こうやって、英語の本を読んでいくとわからない表現によく当たる。流してしまっても大意はつかめるのだが、こういうところに「引っかかり」を感じて、調べていくと、面白い発見があり、新たに知る喜びを感じる。特にこんな風に表現と意味に大きな差があるものほど印象深くいつまでも覚えているものだし、こうして調べたことは忘れることが少ない。

  いつまでも勉強は終わらない。