MacBookを机に置かない生活

 この2週間ほど、書斎の机の上に鎮座していたMacBookを本棚に片付けている。とはいっても、使わないのではなく、使う頻度を少なくするためだ。書斎では毎朝、MacBookを開くことから、初めて、メールチェック、ウェブブラウジングとしてしまい、結構無駄な時間を過ごしてしまう。いつでも机の上にあり、キーを押せば、使えてしまう手軽さが、かえって邪魔になる。

 そこで、いっそ本棚に立てかけてしまい、使うのに一手間をかければ、どうだろうと思ったわけだ。机の上にはiPadiPhoneもあるので、メールチェックは困らないし、iPadもあるからウェブブラウジングもできてしまう。パソコンよりもかえって手軽ではあるのだが、できないことも多く、割り切りをする分、すこしばかり使う頻度が少なくなる。

  手間をかけることで面倒になるので、その分は本を読む時間に当てている。授業がない今の時期だからこそ、書籍を読み、論文を書くことができるし、書類仕事もすこしばかり落ち着いている。それもあって、MacBookの使用頻度を下げることもできるというわけだ。

  IPadはパソコンの代わりになるか、ということが一時期は熱く語られていた時もあったが、決して代替えにはならない。ただし、かなりの作業を代行できる。電子版の雑誌を読むのも、電子書籍を読むのも便利だ。むしろMacBookにはできないこともできる。ただし、それは情報のブラウジングが主体になる時だけ。情報を作成して、生産するにはやはりコンピューターでないとうまくいかない。論文も資料を同時に見ながらならば、コンピューターがいいのだが、iOS機材でも、iPadiPhoneのように複数を使えば、それも代替えできてしまう。そう考えるとiPadだけではコンピュータの代替えにはならないが、iPadプラスiPhoneならばかなりいい線にいくようだ。