曲がったiPhone6

 以前に、ここにも書いたが、我が家は全員SIMロックフリーのiPhone7に変更して、ソフトバンクからFreetelに乗り換えた。その際に使っていたソフトバンク用のiPhoneは売却して来たが、息子の使っていたものだけが支払いの関係でようやく最近売却可能となった。そこで、そのiPhone6をもって、売りに行ったのだが…

 なんと息子の使っていたiPhone6は反ってしまっていた。普通に使うぶんには気づかないのだが、よくよくみると曲がっている。どうもポケットに入れているうちに曲がっていたらしい。販売店によると買取価格の2割の値段しかつかないという。数千円だ。ハイボールとカルビとロースとキムチ盛り合わせを頼んで、締めにビビンバを食べたら終わってしまうほどの値段。う〜ん。どうしよう?

 次に思いついたのはAppleの下取りだった。いっそ、今使っているローズゴールドのiPhone7をRedにして買い換えて、その下取りにしてしまえばいいかも…と思って、Appleに曲がったiPhone6を持って行き、下取りの価格はどれくらいかと尋ねてみると…

 衝撃的な答えであった。なんと下取り不可なのだ。画面が割れている場合は大丈夫とのことであったが、曲がったものはダメとのこと。これでiPhone6を有効に換金する手段がなくなった。もちろん、ほんの数千円で売ることは可能だが、それはあまりにももったいない。

 というわけで、おおきなiPod touchとして自分で大学の授業の時に使うことにしようと思う。Keynoteの専用にすればまだまだ有効だ。

 

 みなさんも、将来のためにiPhoneは曲がらないように丁寧に扱ってください。