ICTと語学教育

 ICTと語学教育についてのプロジェクトにどうも関わりそうだ。詳しいことは書けないが、いくつかの業者の人と話をする機会があり、特にタブレットを活用したものについての意見交換をしたのだが、結局、教育現場がどのような教育を目指し、それに合うプラットフォームをICT関連業者が提供できるかどうかということにつきそうだ。もうすぐEDIXもあり、様々な会社が語学教育をICT活用の一つのマーケットしているのは感じるのだが、どれも帯に短し襷に長し。他の学校の導入例を聞くにつけ、「いや、それはうちがねらうところじゃないので」といいたくなる。こうなると、究極的には、オーダーメードしかないのだろうか?もっと、様々なコンポーネントを組み合わせて、現場の要望に応じて、そのコンポーネントを組み合わせたプラットフォームというのはできないものだろうか。

 ICTの語学教育への応用を考えている業者のみなさん、そういうのを開発してもらえないでしょうか?