研究室のパソコン、逝く

 研究室で使用していたiMacが一昨日から挙動不審かなと思ったら、昨日起動しなくなった。電源ではなく、ディスクだと思い、Disk Unilitiesからfirst aidを試みたものの、どうもbootに関するファイルが壊れているようだ。付属のCDから立ち上げようとしたが、実は、これが立ち上がらない。読み込んでいるようだが、そこで止まってしまうのだ。

 丸6年使ったものだが、どうも過酷な使用で(苦笑)、根をあげたのかもしれない。おそらく熱かなと思う。データはOneDriveでのクラウド保存をしてあったし、ローカルなものはすでに使用し終わったデータを念のためと保存してあったものなので、心配はない。

 生物であれ物であれ、いつかは、という寿命があり、またご縁が切れる時が来る。これまでの活躍と貢献に感謝して、このご縁の終わりを迎えようと思う。そして、新たなご縁を求めて、新機種の選定を始めることとした。

 とはいえ、このまま使えないのも困るので、しばらくお休みさせていたMacBook Airを急遽とりだし、使えるようなセッティングをしている。さすがに内蔵4GBでは厳しいので、次のご縁ができるまでのつなぎとして、頑張ってもらいたい。