デジタルペーパー DPT-RP1とiPad Proの連携

 ソニーのデジタルペーパーDPT-RP1はすこぶる快適で、その一因はMacと無線で同期ができるところにある。メモを書き込んだPDFも同期できるので、自炊した研究書はそのままMacでも読むことができる。

 それなら、さらにMaciPad Proを同期させれば、DPT-RP1で読んでいたものを、そのままiPad Proで読み進み、さらにそれをDPT-RP1で、また読み続けることもできるのではないかと思い、試して見たら、あっさりと成功しててしまった。

 まずはデジタルペーパーDPT-RP1の設定だが、こちらはMacとの連動ソフト、Digital Paper Appを使う。デジタルペーパー内のフォルダーとMacの任意のフォルダーが同期設定できるので、Mac側はicloudに作成したフォルダー、例えばdigital_paper_syncのような名前をつけたフォルダーを作成し、それを同期として、設定する。この中に同期させたいPDFを放り込めばいいだけだ。同期させたら、そのファイルがDPT-RP1にそのまま入り込む。あとはそのファイルをDPT-RP1で読みつつ、ペンで書き込みをすればいい。読んで一息ついたら、Digital Paper Appで同期を行う。書き込みが反映されたPDFが先ほどのicloud内のフォルダーにコピーされ、Macでもそのまま読める。

 次はiPad Proの方だ。PDFを読むのに、PDF Expertを使っている。このアプリはicloudのファイルも読むことができるので、先ほどのicloud内に作成したdigital_paper_syncのPDFをしてしてみると、そのまま読むことができるし、Apple Pencilで書き込みもできる。読み終わったら、そのドキュメントを閉じると、自動的に上書きがされて、書き込んだPDFがicloud内に同期される。

 この作業によって、DPT-RP1とiPad Proが連動して、同じPDFを読み込んでいける。かなり便利で、さらにDPT-RP1への愛着が深まった。