「ありがとうございます」の安売り

  最近、あちこちのお店などでサービスを受けると、どうも「ありがとうございます」を頻繁に聞くようになっていると思う。ある場所でのサービスを定期的に受けているのだが、質問され、答える度に「ありがとうございます」と言われ、なんとも言えない違和感を感じている。「はい」と言ってくれればいいところを「ありがとうございます」と言われてしまうのだ。

 あるいは飲食のサービスを受けても、やはり「はい」の代わりの過度な「ありがとうございます」を感じてしまう。「有難い」と書くくらい、「ある」ことが「難しい」ところから、感謝が生まれて「有難い、ありがとう」言葉になったのだと思う。だからこそ、その感謝の言葉に重みがあると思うのだが、こんな風に安売りされてしまうと、感謝をされているのではなく、機械的で感謝はないのだろうなと訝ってしまうのだ。

 日本のおもてなしは今や有名だけれど、どうも言葉は過剰になっていやしないだろうか?「立候補させていただいた」、「買わせていただいた」、「点検させていただいた」とかの過剰な謙譲表現もおかしくて、「〜しました」という表現がなぜ使えないのだろうかと思う。聞いている人はもはや「〜させていただいた」となっていないと不愉快になるのだろうか?

 このブログも「書かせていただきました」と表現させていただいた方が、よろしかったでしょうか?(笑)