iPad Pro (iPhone)でAirPrintを使って明朝体を印刷する方法

 今まで自腹購入のiPad Pro 10.5インチを使っているのだが、授業に持ち運んだりと活用方法が広がるにつれて、どうしても研究室に常備するiPad Proが欲しくなった。そこで研究費を使って、iPad Pro 12.9インチを購入した。実はiPad Proを使うと、パソコンで行う業務の多くを代用することができる。文書の作成や成績管理などはiPadだけで十分だ。

 正直、おおよその業務はできるのだが、唯一困るのがAirPrintだ。研究室にもAirPrint対応のカラープリンターを入れたのだが、iPadから印刷すると、日本語の場合は強制的にゴシック体で印刷されてしまう。たとえ元ファイルの文章が明朝体で書かれていても、実際のプリントアウトはゴシック体になってしまう。そこでなんとかできないのかとネットを調べてみても解決策が出てこない。あれこれ試行錯誤をしていたら、なんとできるようになったので、ここで備忘録の意味も込めて書くことにする。なお、この方法はiPhoneなどの他のiOSバイスでも問題なく実行できることも確認している。

 今回AirPrint対応の明朝体で印刷するには一つ、Prime Printというアプリが必要になる。400円のアプリだ。事前に購入して使えるようにする。

f:id:msasaki0418:20170811130947j:plain

 では、順を追って、印刷方法を書いて行く。サンプルとなるのはWordの文章だが、同じようにすればPagesでもできることを確認した。なお、普段は英語環境で使っているので、表示が英語になっているが、日本語環境でも基本的な操作は同じなので、ご了承願いたい。

 ワードの編集画面で右端の人形のようなアイコンをタップする。これは文章ファイルの共有をするアイコンだ。文章ファイルとAirPrintで印刷したり、メールで共有する場合にも使う。

f:id:msasaki0418:20170811131759p:plain

ここをタップすると次のような画面になる。

f:id:msasaki0418:20170811125425j:plain

ここからSend a Copyをタップする。

f:id:msasaki0418:20170811125430j:plain

上記の画面になったら、Formatをタップすると、形式が選択できる。ここでPDFを選択する。

f:id:msasaki0418:20170811125445j:plain

すると、再び前の画面に戻る。

f:id:msasaki0418:20170811125430j:plain

今度はここからSend with Another App(他のアプリで開く)をタップする。

f:id:msasaki0418:20170811125452p:plain

ここからPrime Printのアイコンを選んでタップする。

f:id:msasaki0418:20170811125458j:plain

すると、自動的にPrime Printの画面に変わり、先ほどの文章が登録されているがわかる。

f:id:msasaki0418:20170811125505p:plain

ここから登録された文章をタップする。

f:id:msasaki0418:20170811125510p:plain

この画面から枚数や両面印刷の指定などが行える。最後に画面最下段のプリンターのアイコンをタップすれば印刷できる。

 これでiPad Proだけでの仕事がさらに加速するのではないだろうか。