マクベス

 以前自炊した小田島雄志先生のいくつかの本を読み直してみた。軽快な筆致の中にもシェイクスピアだけではなく、演劇や人間の魅力を教えてくれる言葉の数々に改めて、心を揺さぶられた。そこで、懐かしさもあり小田島先生訳のマクベス白水社)の電子書籍を改めて購入して読んでみた。実は学生時代に小田島先生のシェイクスピア全訳を購入していて、紙の書籍があるのだが、もう30年以上も前のものなので紙が黄ばんで読み難いのだ。

 さて、改めてマクベスを読み返すと野心を抱く男の揺れる心と自分の行動を決断する迷い、そして、実行してからの心の不安定さと弱さを改めて感じ、読みながら、「白い巨塔」の財前五郎を思い浮かべてしまった。「明日、明日、明日。。。」で始まる有名な独白は人生という舞台の後半に差し掛かっている今では、20代の頃の感じ方とは明らかに変わる。自分がこれまでに行ってきたことを振り返り、どれだけのことだったのかと思わざるを得ないのだ。

 実はマクベスだ大学3年の時に授業で原著を読んでいた。昨日研究室の本棚にあった当時の教科書を手に取ると書き込みだらけのページが目に入る。教科書なので、巻末には語句の解説も記載されていて、読みやすいと思うのだが、当時は全くそんなことも感じることができず、文庫本の日本語訳を片手に、「どうしてそんな意味になるんだぁ?」と格闘していたことを思い出す。

 シェイクスピアの英語は現代の英語とは語句の意味が異なるものもあるし、発音も異なる。そして、他動詞の後に目的語の名詞句がすぐにきたりはせずに、状況要素としての前置詞句が入ってきて、その後に目的語が来たりするので、英語学習者としてはさらに厄介だが、これも韻を踏むための操作だったりするのだ。だから、最初はとっつき難いシェイクスピアの英語も慣れてくれば、ちょっとづつは読めるようになってくる。とはいえ、日本語訳を片手にしながら字句のかかり方を確認する作業は求められるが…(苦笑)

 古典だからといって古臭いと敬遠しないで、むしろ400年以上も読み継がれているものには時空を超えた人間の喜怒哀楽が認められているはずと、向き合ってみてはいかがだろうか?そこには新しい発見が必ずあるはずだ。