夜明けの大騒ぎ

 夜が明けるかあけないかの時間にトイレで目覚めて、ついでにスマホを見てみると、ApplePayが停止されたとのメッセージが入っている。「??」と思い、そのまま起き上がり、書斎に行って、ApplePayに登録してあるクレジットカード会社に連絡をしてみる。24時間対応の会社なので、どんな時間でも対応してくれる。こんな夜明け間近でも直接話ができるのは心強い。

 さて、ApplePayが止められているのだが…と話をすると、なんと今月分の引き落としができていないとのこと。おかしい!先日、引き落とし分は指定の口座に入金してあるのだ。急いで、引き落とし銀行でオンラインから口座の入出金情報を見てみると。15万ほどの引き落としがある。それもクレジットと明記されているだけだ。おかしい。この口座に登録しているクレジットカードの引き落としは、ApplePayに登録しているカードともう一つ別のカードで、別のカードの分はすでに引き落とされている。こんな多額の買い物なんてしていないし、全く心当たりがない。銀行に問い合わせたくても、土日。全く手も足も出ない。どこかで、ハッキングされて、口座の情報が出てしまったのだろうか?あるいはクレジットカードの不正使用だろうか?全く見当がつかず、不安な朝を迎えてしまった。

 他にクレジットカードといえば、某航空会社のカードのものがあるが、まさかそれはないだろうと、一応のチェックをしてみると、なんとその銀行口座から引き落とされることになっている。引き落とし日もApplePayに登録しているカードと同じ日だ!なんでだろう?と不思議に思っていたら、家人から留学している娘関連ではないかと、指摘を受ける。そういえば…夏に娘が一旦帰国してから、再度留学先に行く航空券を購入したことを思い出した。調べると、金額もその通りだ。

 てっきり、ハッキングだとか、不正使用だとかを疑ったけれども、簡単には銀行口座からは引き落とされるものでもないか、と冷静に反省する。そんな週末の騒ぎであった。